index

離婚の方法

離婚には4種類あるって知っていましたか?

協議離婚
離婚をする90%の夫婦が協議離婚です。
協議離婚とは、夫婦がふたりで話し合って離婚をすることです。
お互いの合意があればそのほかの要件は不要です。
ただ、「子供の親権」「子供の監護権」「養育費」「慰謝料」「財産分与」などについて
きちんと取り決めをし、「離婚協議書」を作っておかないと、
後からもめる元となってしまいますので気をつけてましょう。

調停離婚
家庭裁判所の調停によって成立する離婚のことです。
協議離婚が成立しないかった場合、まず家庭裁判所へ離婚の調停を申し立てます。
調停では調停委員が双方の主張を聞いた上で、調査、証拠調べをしながら話し合い、
合意の上での解決を図ります。

審判離婚
家庭裁判所での調停が不調となり成立しなかった場合に、家庭裁判所の判断により
「離婚」を認める審判を下したものを審判離婚といいます。
その審判に対して2週間以内に異議の申し立てがない場合は、離婚が成立します。

裁判離婚
調停や審判により成立しなかった場合、夫婦の一方が家庭裁判所に離婚の訴えをおこし、
勝訴判決を得て離婚することを裁判離婚といいます。

親権者はどうやって決まるか知っていますか。

離婚をするにあたって子供がいる場合、親権者をどちらにするかという問題に直面します。
未成年の子供の場合は、どちらかの親の戸籍に入る必要があり、親権者を決めていなければ
離婚が成立しないのです。

どちらの親が親権者になれば、子供にとって幸せなのか。
これが、親権者を決める際の大原則です。

乳幼児場合は、子供の世話をするのは母親のほうが向いていること考えられ、
母親が親権者になるケースが多いでしょう。

しかし、ある程度の年齢に達すると子供の意思を尊重され、15歳以上となると、
家庭裁判所で子供の意見を聞くことが定められています。

一度決めた親権者を変更するには、家庭裁判所で親権者変更の調停または
審判が必要となります。
親権者の決定はあらかじめしっかりと話し合って決めておきましょう。