index

自己破産

自己破産申し立て人(債務者)が、不動産、自動車等の比較的
高価な財産価値が認められる財産を有する場合は、「管財事件」と
呼ばれる手続きを行います。
この手続きは、場合によっては1年以上もかかることがあります。

自己破産申立人に、めぼしい財産がない場合の手続きを「同時廃止」と
言いますが、管財事件では、「破産手続開始決定」までは、
「同時廃止」と同様に手続き進行しますが、その先の手続は
かなり異なります。

「管財事件」は、破産手続開始決定と同時に裁判所が、破産者の
財産管理を行う破産管財人を選定します。
「管財事件」では、この者が、破産者の財産を換価処分(売却・換金)
して債権者に公平に分配する方法を採ります。
その後、債権者集会を開催して、破産管財人は財産の処分を
債権者に報告し、裁判所が破産終結の宣告を行って破産手続が
終了します。「免責」手続きはその先に行われます。

「同時廃止事件」と比べれば手続きに要する工程や時間もかかるので、
予納金額も50万円と言う、かなり高額になってしまします。

このように、自己破産申立人に不動産や自動車等の財産がある
「管財事件」では、個人で破産手続きを行うには、かなりハードルが
高いと言えるので、弁護士や司法書士に依頼した方が無難と言えます。

破産管財人を普段から行っている弁護士に借金の相談をされると良いでしょう。