index

異時廃止とは?

自己破産申し立てが裁判所に受理され、破産手続開始決定後に、
債権者への配当原資となる債務者の財産認められれば、その財産で
破産財団を形成します。

ところが、この財産では破産手続の費用を賄いきれないと判明した時は、
裁判所が任命した破産管財人の申立て、又は職権で、破産手続廃止の
決定をしなければならない事が破産法に規定されています。
このような事情を異時廃止と呼んでいます。

異時廃止も同時廃止と同様に、債権者に対する配当は行いません。
異時廃止となる事件は、自己破産手続開始時に存在すると思われた
債務者の財産が存在しなかったり、予想に反してその財産価値が
低かった場合や下落した場合に起こります。