index

自己破産の同時廃止とは?

自己破産の制度趣旨の1つは、自己破産申立人である債務者の
財産を債権者に公平に分配し、残債務を法的に免除して
債務者の再起を促すことです。

それ故、自己破産申立人である債務者に不動産・車と言っためぼしい
財産が有る場合と無いない場合とでは、破産手続開始決定後の
手続きは異なります。

債務者にめぼしい財産がない場合は、処分して換価して分配
する財産が無いので、破産手続開始決定と同時に破産手続が終了します。
これを「同時廃止(同時破産廃止決定)」と呼んでいます。

自己破産を申し立てる人は、当然ながらめぼしい財産を持たない人が
殆どなので、自己破産申し立ての約9割が、この同時廃止事件です 

裁判所に申し立てる費用も安く、手続も比較的簡単ななので、
弁護士等に依頼せず、自己破産を申う立てた本人だけで、
自己破産の手続きを行う場合も多く見受けられます。