index

債務整理の方法は、自己破産、任意整理、個人再生、そして、特定調停と
様々な制度が設けられていますが、これらの債務整理の選定のための
基準は、借入金額の多寡の他に、それぞれの債務整理方法の適用される
要件等があるので、どの債務整理手続きを選ぶのかは、この要件も考慮する
必要があります。

例えば、収入が、返済残高を大きく下回る場合(例えば、パートやアルバイトで
安定した収入が見込めない場合)は、安定した収入があることが
条件となる「特定調停」、「任意整理」、「個人再生」を選択できません。
このような場合は、「自己破産」を選択するしか有りません。
もちろん収入がない場合は、自己破産です。

債務整理は、法律に準拠した債務整理法なので、御自分の現在の生活状況や
債務状況、また、それぞれの債務整理制度の適用要件を自分でよく調査し、
検討しなければなりません。
これは「費用をかけずに自力で行いたい」方は、当然やらなければならないことですが、
弁護士、司法書士に依頼する場合でも、債務整理に対する
最低限の知識と理解は必要です。
この姿勢がないと、自分に適した債務整理の方法は発見できません。

債務整理は早めがお得

借金は支払えば支払うほど深みにはまることをご存じでしょうか。
収入で支払える余裕があれば特に問題なく返済を終了することができます。
しかし余裕のない借金は返済時点でとても苦労をするのです。
生活費に追われて返せない月は借金して支払うことになるでしょう。
返済で元金が減らなければ逆に借金は増え続けてしまします。

増えていく借金には債務整理という歯止めが必要になります。
支払うことによって減るのが借金というのは大前提のはずです。
しかし減らないのなら借金の減額を債務整理で申し立てることになります。
早い段階での申立てが少しでも早く経済的に立ち直る鍵なのです。

債務整理をするタイミングは非常に微妙です。
これぐらいならまだ支払えると考える頃が一番大事な時かもしれません。
本当に支払い続けられるのか自問自答してみることをお勧めします。

債務整理で支払額を減らす

借金の返済がどうしようもない場合は債務整理があります。
この方法によって返せない借金が返せるようになるのです。

債務整理とは返済できるように支払額を減らす方法です。
圧迫しているのは借金とそこから発生する利息が高いからです。

支払金額を減額する為の手段として貸金業者と交渉します。
交渉により借金が減額され支払いが可能なら債務整理は成功です。

交渉がまとまらない場合は違う債務整理の方法が必要になります。
個人再生や自己破産と債務整理の方法は段階的に分かれます。
目的とするのは安定して支払い続けられることなのです。

中途半端な減額で妥協せずに確実に返せる方法で決めます。
そうしないと支払途中で挫折することがあるからです。
これが債務整理に失敗しない方法になります。

無理な返済計画は債務整理の失敗につながる

債務整理をすることで多くの借金問題を抱える人達は救われています。
支払いに困っていた借金が減額されるのですから非常に助かります。
減額された借金を支払い計画に沿って返していけば借金はなくなるのです。
せっかく債務整理するのですからこのチャンスで完済したいものです。

ですが債務整理の中でへんに妥協をしてしまうと雲行きが怪しくなります。
和解交渉の段階で金融業者にこれが限度とか言われても妥協してはいけません。
交渉の失敗を恐れて支払いが難しい金額で妥協すると辛い結果になります。
返済の段階でいつかは頓挫してしまう可能性があるのです。

債務整理は自分が余裕を持ちながら支払える金額で妥協すべきなのです。
そうしないと債務整理の後に再度経済が破綻することもあります。

借金から開放される有効手段は債務整理

早く借金から解放されるには債務整理が有効です。

しまったと思う頃にはすでに遅く多額の債務を抱えることもあります。
人は何かにのめり込んでしまうと先の事が考え難いのかもしれません。
お金の支払いが簡単に借りられてしまうとついつい増える傾向にあります。
返済の時期でも借りて返せるわけですから苦労を感じません。

じっさいに青ざめるのは返済を決断した時になります。
もう借りるのを辞める決断をした時には返済額が用意できません。
そこで専門家に債務整理を依頼するしかなくなるのです。

債務整理の方法は収入と支出のバランスで考えることになります。
月々いくらなら支払いが可能なのかが債務整理では問題となるのです。
借金があまり大きく膨らんでないのであれば和解交渉で話しがつけられます。
支払いの約束と共に金額を減額してもらい短期での支払いが可能です。

債務整理で効率よく借金を返済

借金返済で一番大変なのは借りた以上のお金を返済しなければならない事です。
お金を借りる時に利息のことを考えて借りているでしょうか。
借りるお金の利率がいくらで返済の時は全額でいくらを考えなければなりません。
これは重要なことで借りる時にちゃんと利率をチェックしないと辛い目にあいます。

一般的に債務整理しなければならない原因は利息にあります。
毎月の支払をしても利息がある為に元金がほとんど減らないケースが多くあります。
利息だけの支払であれば元金は減らず翌月にも同じぐらいの利息がかかります。

利息だけ支払っていても一向に借金は減りません。
いよいよ苦しくなったら利息を免除してもらう為にも債務整理をした方が良いです。

少しでも無駄なお金を支払うことなく借金を終わらせるにはやはり債務整理です。
今後借金に利息が付かなくなれば返済は楽になり完済時期も早まります。

債務整理で借金を減らす

毎月の支払いは借金があれば継続をしなければなりません。
収入が少ない月も予想外の出費が多い月も支払いは続きます。
ですから毎月余裕を持って支払える範囲で借りることが重要です。
支払計画のない借金返済は大変なのです。

限度を超えて借り過ぎてしまったら支払で辛い思いをしなければなりません。
辛い思いが続くのなら債務整理で返済を楽にすることができます。
支払が難しいことを金融業者に知らせて契約の見直しをしてもらいます。

金融業者と債務整理の和解交渉を行えば返済方法の変更ができます。
利息の減額や廃止をして支払い期間なども調整して支払える額にできるのです。

このように支払が難しい状態になった時に債務整理は力を発揮します。
支払を考えるよりも先にまず債務整理なのです。

債務整理で借金を減額

最近は借金が払えない人が増えてきています。
これは支払能力を考えずに安易に借金で物を買う習慣が増えているからです。
昔は生活ができない為に頭を下げて借金をお願いして借りられるものでした。
現在は昔とは違い顔を合わせなくてもお金を借りられる時代になりました。
ついつい借りすぎるということは誰にでもあることです。
その結果支払ができない状態になって債務整理が必要になります。

このように社会全体が借金することを容認しています。
結果的に債務整理する人が増えるのは仕方の無いことなのかもしれません。

債務整理は比較的簡単に出来て借金の減額をする事はできます。
ただ債務整理をすると以降の7年程度は情報機関の事故情報に記載されます。
事故情報に記載されている期間は新たな借金はできなくなります。

債務整理は保証人に迷惑をかけない!

債務整理する時点で一番気になるのは保証人です。
だれでもが保証人にだけは迷惑をかけたくないと考えています。
保証人に迷惑をかけない債務整理について考えます。
裁判所を通した債務整理では間違いなく保証人に請求が行きます。

保証人を対象にしない為にはその人だけを債務整理から除外する必要があります。
任意整理であれば貸金業者との和解交渉の減額になります。
この和解交渉の対象を保証人のいる貸金業者としないことで迷惑はかけません。

債務整理で個人再生や自己破産をする場合は即時保証人に連絡が行きます。
突然の電話で更に迷惑をかける前に保証人には予め伝えるべきです。
保証人も貸金業者に対応する準備が必要でしょう。
場合によっては保証人も債務整理が必要になる場合もあるのです。