index

任意整理手続き中の注意点

その1

任意整理手続きでよく問題となるいのが、カードを使用した商品の
購入の場合です。
カードを利用して商品を購入した場合で、そのローンを任意整理すると、
ローン会社にカードを返却しないといけない場合があります。

これはよく車等の高額商品を購入した場合に起こることですが、
高額な商品をクレジットで購入した場合は、ローンを完済するまでのあいだ
購入者に完全な所有権は購入者にありません。
所有権とは、その物を使用、収益、処分できる権利を言いますが、
カードで購入した場合は、専門的に言えば、「所有権留保」と言って、
カード会社に一定の権利が残り、自分に完全な所有権はありません。

所有権留保がある場合は、車検証の「所有者」の使用者欄に、
ローン会社の社名が入っていますので確認してください。
もし、ローン残高があるのに、その商品を処分したくない場合は、
ローンを任意整理対象から除く手続きが必要です。

ローン問題は複雑ですので、ローンや借金に詳しい弁護士に無料相談して下さい。
借金問題に強い弁護士で無料相談をしてくれる弁護士事務所を探して、まずは相談してみることです。