index

住宅ローン特則とは

住宅ローン特則とは、約定通りの住宅ローン支払いが困難となった債務者に
対し、住宅を手放すことなく、住宅ローンの支払を猶予する制度です。
ただし、住宅ローン特則は、住宅ローンの返済額をカットする特則ではなく、
あくまでも、住宅ローン支払いを繰り延べする制度に過ぎません。

住宅ローン特則を利用すれば、完済までの期限を延ばすことが出来るので、
毎月の支払金額を減額出来たり、住宅ローン支払い猶予の効果が生じ、
再生計画案に従った弁済を維持している限り、抵当権が実行される事は
無くなります。

住宅ローン特則を利用した場合の支払期限の延長期間は、10年以内で
70歳までに完済の必要があります。
ただ、住宅ローン債権者の同意型であれば、同意があれば10年以上の
延長も70歳を超えての完済することも可能です。

住宅ローン問題に詳しい弁護士に一度ご相談されることをお勧め致します。
日ごろから、不動産やマンション、住宅ローン、借金問題を扱っている弁護士なら信頼できるでしょう。
不動産会社も住宅ローンの相談に乗ってくれますが、借金問題と併せて住宅ローン問題を考えている場合は、
借金や住宅ローンに詳しい弁護士に相談されるのが一番です。