弁護士 無料相談

相談者にはやわらかい話し方をされる弁護士さんです。

⇒顧客目線でまじめな弁護士のご紹介

相談者目線を感じさせてくれる弁護士はなかなかいません。

女性弁護士もいてるので、話しにくいことも遠慮なく!

初期費用無料、分割払い、後払いも可能です。

自己破産できる条件とは?

誰でもが自己破産はできないような仕組みになっています。
何か自己破産への防止策がないと自己破産者が続出してしまうのです。
続出すると債権者が大きな痛手をおってしまいます。
債権者を保護する為に自己破産に対する不許可の規則があります。
この規則に該当すると自己破産ができなくなります。

不許可に該当する場合は違う方法を取らなくてはなりません。
自己破産を考える状態であれば任意整理の減額では解決しないでしょう。
その場合は借金の大幅な減額が期待できる個人再生を考えることになります。
個人再生では自己破産で不許可になるギャンブルや浪費の借金も許されます。

個人再生も認められない場合は難しくても自己破産の申請をする事になります。
不許可事由の場合でも裁判所の裁量で認められる可能性があるからです。

少しでも参考になりましたら、クリックをお願いします。

元法務職は、いま何位?
元法務職は、いま何位?

更新の励みになりますので、クリックを是非お願いします。

元法務職は、いま何位?
元法務職は、いま何位?

前の借金相談記事|

次の借金相談記事|

感想、質問、要望は下記コメントに残して下さい。

コメントを残す

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト内検索

リンク

法テラスで借金相談

大阪弁護士会の借金相談

大阪市市民法律相談