弁護士 無料相談

相談者にはやわらかい話し方をされる弁護士さんです。

⇒顧客目線でまじめな弁護士のご紹介

相談者目線を感じさせてくれる弁護士はなかなかいません。

女性弁護士もいてるので、話しにくいことも遠慮なく!

初期費用無料、分割払い、後払いも可能です。

異時廃止とは?

自己破産申し立てが裁判所に受理され、破産手続開始決定後に、
債権者への配当原資となる債務者の財産認められれば、その財産で
破産財団を形成します。

ところが、この財産では破産手続の費用を賄いきれないと判明した時は、
裁判所が任命した破産管財人の申立て、又は職権で、破産手続廃止の
決定をしなければならない事が破産法に規定されています。
このような事情を異時廃止と呼んでいます。

異時廃止も同時廃止と同様に、債権者に対する配当は行いません。
異時廃止となる事件は、自己破産手続開始時に存在すると思われた
債務者の財産が存在しなかったり、予想に反してその財産価値が
低かった場合や下落した場合に起こります。

少しでも参考になりましたら、クリックをお願いします。

元法務職は、いま何位?
元法務職は、いま何位?

更新の励みになりますので、クリックを是非お願いします。

元法務職は、いま何位?
元法務職は、いま何位?

前の借金相談記事|

次の借金相談記事|

感想、質問、要望は下記コメントに残して下さい。

コメントは停止中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト内検索

リンク

法テラスで借金相談

大阪弁護士会の借金相談

大阪市市民法律相談