弁護士 無料相談

相談者にはやわらかい話し方をされる弁護士さんです。

⇒顧客目線でまじめな弁護士のご紹介

相談者目線を感じさせてくれる弁護士はなかなかいません。

女性弁護士もいてるので、話しにくいことも遠慮なく!

初期費用無料、分割払い、後払いも可能です。

自己破産が不要な条件

現在の収入で借金を支払えなければ債務整理で解決するしかありません。
借金の減額をしても払えそうもない場合は自己破産が考えられます。
ところが債務整理をしてみると自己破産が必要なくなる場合もあります。

債務整理の最初にすることは借金の引き直しというものです。
返済してきた利率が利息制限法よりも高い場合は利息計算をやり直します。
それは利息制限法が法定利息でそれを超えるものは違法だからです。

消費者金融などは過去に法定利息を超える高利で融資をしていました。
法定利息で計算し直すと借金が驚くほど減ることがあります。
既に借金返済が終わっていたという事もかんがえられる程なのです。
借入期間が長いほど余分な利息を払って来たことになります。
このように過払い金により借金が減り返せる範囲になることもあります。

少しでも参考になりましたら、クリックをお願いします。

元法務職は、いま何位?
元法務職は、いま何位?

更新の励みになりますので、クリックを是非お願いします。

元法務職は、いま何位?
元法務職は、いま何位?

前の借金相談記事|

次の借金相談記事|

感想、質問、要望は下記コメントに残して下さい。

コメントを残す

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト内検索

リンク

法テラスで借金相談

大阪弁護士会の借金相談

大阪市市民法律相談