弁護士 無料相談

相談者にはやわらかい話し方をされる弁護士さんです。

⇒顧客目線でまじめな弁護士のご紹介

相談者目線を感じさせてくれる弁護士はなかなかいません。

女性弁護士もいてるので、話しにくいことも遠慮なく!

初期費用無料、分割払い、後払いも可能です。

地裁における審尋

自己破産の申立から約1か月位たつと、裁判所から「破産審尋」の呼出状が
送付れます。これには審尋の期日が記載されているので、必ず指定された日時に、
裁判所に行ってください。

万一、抜き差しならない予定や急病等で出頭できない場合は、
審尋期日の変更を申請書(急病なら診断書)にして提出する必要があります。

審尋とは、一般的に耳慣れない言葉ですが、審尋とは、「破産手続開始・
免責許可」を申し立てた後、破産申立に至った原因や事情等について、
裁判官が口頭で破産申し立て人に質問することを言います。
「審尋」と言うと何か詰問されそうに感じますが、裁判官との面接と考えた方が
よいでしょう。
審尋では、「返済不能になった原因は何か」や「財産の有無」「免責不許可事由」
等の質問がなされます。
特に財産が無い場合で、免責不許可事由がない場合の審尋の実質時間は、
問題がなければ、数分もかかりません。

少しでも参考になりましたら、クリックをお願いします。

元法務職は、いま何位?
元法務職は、いま何位?

更新の励みになりますので、クリックを是非お願いします。

元法務職は、いま何位?
元法務職は、いま何位?

前の借金相談記事|

次の借金相談記事|

感想、質問、要望は下記コメントに残して下さい。

コメントは停止中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト内検索

リンク

法テラスで借金相談

大阪弁護士会の借金相談

大阪市市民法律相談