弁護士 無料相談

相談者にはやわらかい話し方をされる弁護士さんです。

⇒顧客目線でまじめな弁護士のご紹介

相談者目線を感じさせてくれる弁護士はなかなかいません。

女性弁護士もいてるので、話しにくいことも遠慮なく!

初期費用無料、分割払い、後払いも可能です。

特定調停と任意整理の違い

特定調停と任意整理は、裁判所を利用するか否かが大きな違いですが、
もう1つ大きな異なる点を挙げるとしたら、解決するまでに
”本人が費やす”時間ではないでしょうか。

任意整理の場合は、債務者本人でも出来ますが、通常、弁護士や
司法書士が依頼を受け、本人の代理人として書類作成から各債権者との
交渉・手続を実行するので、任せていれば、本人自身は時間や手間を
とられることは有りません。仕事や家事に専念できます。

これに対して特定調停の場合は、裁判所が選任した調停委員が仲裁に入り、
頼りになるのですが、基本的には本人が手続きに必要な書類を集め、
仲裁者を介して各債権者と交渉する必要があります。
しかも特定調停の交渉は、各債権者に対して行うものなので、
1債権者あたり、少なくて30分間以上は必要です。
債権者の数が多い場合は、1回の調停に数時間を費やす事例も
数多いのです。

更に、裁判所は土日祝祭日は休みで、調停は連続して行われないので、
合意が成立するまで数カ月程度は見ておく必要があります。
また、仕事が休みでない期日に調停日が定められることが殆どなので、
仕事を休んで調停に出向く必要もあります。

少しでも参考になりましたら、クリックをお願いします。

元法務職は、いま何位?
元法務職は、いま何位?

更新の励みになりますので、クリックを是非お願いします。

元法務職は、いま何位?
元法務職は、いま何位?

前の借金相談記事|

次の借金相談記事|

感想、質問、要望は下記コメントに残して下さい。

コメントは停止中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト内検索

リンク

法テラスで借金相談

大阪弁護士会の借金相談

大阪市市民法律相談