弁護士 無料相談

相談者にはやわらかい話し方をされる弁護士さんです。

⇒顧客目線でまじめな弁護士のご紹介

相談者目線を感じさせてくれる弁護士はなかなかいません。

女性弁護士もいてるので、話しにくいことも遠慮なく!

初期費用無料、分割払い、後払いも可能です。

債務整理の減額の幅

借金が支払えない額になってしまったら債務整理をしなければなりません。

弁護士の門を叩き今後どうするのか相談をする必要があります。

借金に対して支払う方法を検討していくことになります。

収入から生活費を引いた残りの中から借金に返済できる金額を考えます。

ここで考えるのは支払える額を返済して借金を返せるかなのです。

借金は月々支払える範囲の金額で近い将来に完済できなくてはなりません。

支払える金額により債務整理の方法が変わります。

任意整理と個人再生と自己破産で今後の債務整理の方針が決められます。

これらの債務整理は借金の減額幅が違います。

一般的には利息の減額をする任意整理ですが個人再生では元金も減額します。

自己破産になると借金の支払義務を無くし借金が免除されることになります。

少しでも参考になりましたら、クリックをお願いします。

元法務職は、いま何位?
元法務職は、いま何位?

更新の励みになりますので、クリックを是非お願いします。

元法務職は、いま何位?
元法務職は、いま何位?

感想、質問、要望は下記コメントに残して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト内検索

リンク

法テラスで借金相談

大阪弁護士会の借金相談

大阪市市民法律相談