弁護士 無料相談

相談者にはやわらかい話し方をされる弁護士さんです。

⇒顧客目線でまじめな弁護士のご紹介

相談者目線を感じさせてくれる弁護士はなかなかいません。

女性弁護士もいてるので、話しにくいことも遠慮なく!

初期費用無料、分割払い、後払いも可能です。

個人再生計画案を弁護士に相談する

再生債務者は、通常債権届出期間の満了後、18周間までに再生計画案を
作成し、裁判所に提出することが必要です。

再生計画には、再生債権者(貸し手)の権利を変更する条項や
共益債権及び一般優先債権の弁済に関する条項、また住宅を保持する
場合は、住宅資金特別条項も併せて定める必要があります。

再生計画案の具体的内容は、
1.再生債権の元本の一部を認可から3年間(例外的に5年)で合計
何回支払うか。(尚弁済期は、3か月に1回以上到来することが必要です。)

また、元本や利息・損害金等について免除を受ける事を定めます。
次に、を見ていくことにします。

尚、再生計画による権利の変更(債務の減額や利息の免除等)の内容は、
原則として各再生債権者が平等でなければなりません。

個人再生は、借金や破産案件を日常的に取り扱っている弁護士、法律事務所に相談されるのが一番です。
弁護士といえども、全ての弁護士が借金問題に詳しいわけではありません。
弁護士費用にそれ程違いはありませんので、借金問題に詳しく、自身に合う弁護士をお探し下さい。

少しでも参考になりましたら、クリックをお願いします。

元法務職は、いま何位?
元法務職は、いま何位?

更新の励みになりますので、クリックを是非お願いします。

元法務職は、いま何位?
元法務職は、いま何位?

前の借金相談記事|

次の借金相談記事|

感想、質問、要望は下記コメントに残して下さい。

コメントを残す

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト内検索

リンク

法テラスで借金相談

大阪弁護士会の借金相談

大阪市市民法律相談