弁護士 無料相談

相談者にはやわらかい話し方をされる弁護士さんです。

⇒顧客目線でまじめな弁護士のご紹介

相談者目線を感じさせてくれる弁護士はなかなかいません。

女性弁護士もいてるので、話しにくいことも遠慮なく!

初期費用無料、分割払い、後払いも可能です。

任意整理 無料相談

任意整理による債務整理のデメリットとして考えられるのは、
他の債務整理手続きである自己破産や個人再生、特定調停との
公的機関である裁判所の関与で債務整理する手続きに比較して、
返済総額の減額があまり期待できないケースが多いと言うことです。

法定金利を超えて債務の返済を行っていた債務者はこの限りでは
ありませんが、銀行ローン等の法定金利内での融資を行っていた
債権者からの借入や、消費者金融業者から高金利で融資を受けていても、
その取引期間が短ければ、返済総額は思った以上に減額されません。

また、任意整理では、給与差押、訴訟と言った、債権者からの法的手続きを
強制的に抑えることが出来ないのもデメリットの1つと言えます。
ただ、弁護士等が任意整理手続きを受任し、債権者に報告した場合は、
再見の取り立て、督促は止みます。

最近まで、任意整理をした場合でも、信用情報機関に事故情報
(いわゆるブラックリスト)として登録・記載され、
完済してから5年から7年程度、本人名義の借入やローン
は組めません。

ブラックリストに掲載されると、金融機関等はこの情報にアクセスすることができ、
共用するので、6年から7年の間、新たな融資やカードの作成が出来なくなります。

任意整理は、十分にメリットデメリットを考える必要があるので、法律家である弁護士に相談する方が良いです。
借金問題や任意整理に詳しい弁護士の無料相談をまずは受けてみてください。

少しでも参考になりましたら、クリックをお願いします。

元法務職は、いま何位?
元法務職は、いま何位?

更新の励みになりますので、クリックを是非お願いします。

元法務職は、いま何位?
元法務職は、いま何位?

前の借金相談記事|

次の借金相談記事|

感想、質問、要望は下記コメントに残して下さい。

コメントを残す

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト内検索

リンク

法テラスで借金相談

大阪弁護士会の借金相談

大阪市市民法律相談